ワキ毛処理 カミソリ

ワキをカミソリで剃ったら黒ずんでしまった

もっとも簡単なワキ毛処理の方法といえば、ワキをカミソリで剃るという方法ですよね。

 

女性なら一度は誰でもやったことがあるのではないでしょうか。

 

この方法、実は黒ずみを起こしやすい方法なんです。。

 

カミソリで剃ると、あまり気にならない程度かもしれませんが皮膚はダメージを受けます。
過敏な方でしたらカミソリ負けなどを起こすことがありますよね。

 

皮膚が強い方でも、目に見えなくても皮膚表面には傷が出来てしまうことが多いそうです。

 

その傷が炎症となり、徐々に炎症が治癒したところで、またカミソリで剃るということを繰り返すと、炎症が治りきらないうちにまた新たな炎症を起こしてしまいます。

 

繰り返す炎症が起きることで、皮膚は自らを防御するために皮膚を硬くしたりします。

 

この現象によって皮膚が黒ずんで見えることがあります。
これを色素沈着といいます。
この色素沈着が黒ずみの原因になってしまいます。

 

黒ずみの他にも、皮膚の中に毛が残ったまま毛穴が閉じてしまい、皮膚の内側で毛が生えてしまう埋没毛。

 

あと、毛穴の中に雑菌が入り込んでしまい炎症を起こす毛嚢炎などを起こす場合もあるようです。
この雑菌による炎症になると、すごい臭いが発生するみたいなので、かなり怖いです。

 

このように、実は、カミソリによるワキの処理は危険な方法なんですよ。

 

男性が一番気にする女性のムダ毛パーツは?

一方で、男性が一番気なる「女性のムダ毛処理の場所」というのは、「わき毛」なんです。

 

男性に、「.あなたが思う、女性に『ここだけはしっかり処理してほしい』ムダ毛処理のパーツはどこですか?」と質問したところ、回答は、

 

1位⇒ワキ毛  57.6%
2位⇒鼻の下  14.4%
3位⇒アゴまわり 6.4%

 

わき毛のし忘れについて、男性の意見は、
「ふと見えたときに毛があると、ガッカリする」
「処理のし忘れを見つけるとゲンナリする」
「チラっと見えたらショックだし、女性らしくないから」
とのこと。

 

ノースリーブなどを着る季節の前や、彼氏ができた時などは、できれが脱毛してしまいたいものです。